アブダビ 気温


金に囲まれた宮殿?!ー アブダビ PART2【#TRAVELENA】

いつ訪れるか アブダビへのお得なフライトはいつでも入手出来ますが、11月から2月にかけては気温が低めなのでその期間が旅行するにはふさわしい時期となります。

過去、アブダビではフロントローからスタートしたドライバーのみが優勝しています。

予選は、日曜日の決勝スタートと同時刻の現地時間午後5時に開始されました。

アブダビを訪れたのは、3月の下旬でしたが、日中は28℃ほどまで気温が上がり、結構暑かったので、プールに入りながらドリンクが楽しめたのはかなり良かったです。

フェラーリ・ワールド・アブダビの規模は大きい。

そのサイズは想像を絶するもので、まさに圧倒的だ。

さらに、このテーマパークは「インドア」である。

決勝レースが午後5時10分より行われました。

アブダビの日没は午後5時33分で、レースは日没を挟んで行われるトワイライトレースです。

むこうは気温が45度もあって、座っているだけでも滝汗。

人生で45度とか初めての体験。

サウナみたいでしたよ~。

安定した気温、広範囲に渡るテクニカルコーナーなどにより、アブダビは、タイヤ動作の鍵となる要素をテストするサーキットして理想的と言えます。

*アブダビは、海抜が海水面に位置しており、気圧が高い。

そのためエンジンパワーが出やすく、レースが進むにつれて気温が下がるのを促進してもいる。

夜間に行なわれたグランプリとは異なり、今回のアブダビ・テストは気温33℃、路面温度は50℃近いコンディションの昼間に行なわれました。

アブダビのトラックの多彩な特性に適応します。

アブダビグランプリは、夕方にスタートするトワイライトレースで、レースの進行につれて気温が下降していきます。