インフルエンザ 発見


企業広告 TVCM「インフルエンザ検査技術」篇/富士フイルム

12月11日に全羅北道のウズラ飼育場でも同型ウイルスが発見されるなど、拡散を防げなかったことが判明した。

先月、約20年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました。

インフルエンザの予防法を調べたら、 まだまだインフルエンザが流行っているようなので、 知らない方は今日の話は必読ですよ。

長野県では早期発見・早期対策を実施するため、死亡野鳥の鳥インフルエンザに係る検査を実施してますので、県民の皆様には正しい知識を身につけ、冷静な行動をお願いいたします。

今年もインフルエンザが猛威をふるう季節となった。

それほど対策に注目が集まるインフルエンザについて、伊藤園 「新型インフルエンザ」の感染抑制にも効果があることを確認したという。

国内のインフルエンザ患者の数が200万人を超えて、全国的に猛威を振るうなか、国立感染症研究所は24日、抗インフルエンザ治療薬とし 翌3月14日に販売を開始した抗インフルエンザ治療薬。

この感染症の病原体については「インフルエンザウイルス 」をご覧ください。

異常を発見した場合は、速やかにかかりつけの獣医師あるいは最寄りの家畜保健衛生所へ連絡しましょう。

なお、死亡野鳥又は衰弱した野鳥を発見した場合は、素手で触らず、「4 電話相談窓口」に御連絡ください。

併せて、渡り鳥の移動ルートの解明や、渡り鳥が海外からウイルスを持ち込んだ場合に早期に発見することも重要です。

死亡した野鳥を発見した場合について 野鳥には、鳥インフルエンザだけでなく細菌や寄生虫などの可能性がありますので、死亡した野鳥には素手で触らないでください。

高病原性鳥インフルエンザについて 香川県の家きん農場や国内各地の野鳥で、高病原性鳥インフルエンザが確認されています。