プロテイン 腎臓


【最終章!!】タンパク質が腎臓に影響を与える? !身近な疑問を徹底解説!!

プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す!? 不自然な大量摂取は逆効果 では、人工的なタンパク質とはなんでしょう。

代表的な例が、パウダータイプなどのプロテインやアミノ酸です。

■プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す!? 不自然な大量摂取は逆効果 では、人工的なタンパク質とはなんでしょう。

その一方、プロテインの摂取について、腎臓に過大な負担をかけ健康を害する危険があるため摂取は避けるべきとの指摘もある。

そこで今回は、薬剤師の小谷寿美子氏に解説してもらいました。

プロテイン(牛乳などを精製したタンパク質サプリ)で補う人も少なくない。

問題なのは、プロテインやアミノ酸など、人工的につくられたものです。

こうしたものを日常的に摂取していれば、腎臓を壊す可能性が高いのです。

過剰な プロテイン摂取は 腎臓を壊すという話 引き合いに出される話ですが プロテインを摂るうえでの 有名なデメリットをご紹介して おきます。

プロテインの過剰な摂り過ぎの日常化は腎臓に負担をかけますし、体を筋肉質に硬化させる作用もあり、逆に痩せづらい体質になって行く印象を私は持っております。

プロテインですが、摂り過ぎれば内臓に負担をかけてしまい、吸収されなかった過剰なタンパク質が小腸で悪玉菌のエサとなり腸内環境を悪化させる危険性もあります。

通常であれば、肝臓がアンモニアを無害な尿素に変えて、その尿素を腎臓が排出します。

プロテインを過剰摂取すると、腎臓への負担が大きくなり、機能が低下しやすくなります。

プロテインを摂ると腎臓に悪い? シニアなって最近筋肉低下が著しくプロテインを摂ることにしました。

運動は毎日30分から1時間。

悪玉菌の発生もありますが、肝臓や腎臓をはじめとした内臓の疲労にもつながります。